2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

人を動かす難しさ

看護師になった以上は、一度は婦長まで昇進してみたいと思うものでしょう。婦長になるための最短ルートは、看護学部のある大学を卒業することです。そして、様々な経験を積んでこの人ならば任せられるという責任感と周囲からの信頼を得ることが必要です。看護技術よりも人をいかに動かせるか、いざという時に的確な判断が出来るかがトップに立つ人には必要であると言えるでしょう。
しかし、大学の看護学部を卒業していないからといって昇進を諦める必要はありません。人の上に立つような才能のある人ならば将来婦長に抜擢される可能性は充分にあります。根気よく看護師としての腕を磨き、先輩の動きをよく見ながらコツコツと仕事で周囲からの信頼を集めるようにしてみるのが一番です。やがては人の上に立つ人間だと認めてくれるようになり、意外にも昇進が早まる可能性があります。

しかし、昇進したからと言って油断は出来ません。人を動かすということは看護の勉強をするよりも難しいものです。頑張って努力しても、なかなか部下がついてきてくれなくて悩むという人も多くいます。また、今までの仕事にプラスしてさらに部下の采配なども考えなくてはならないので、部下だった時代よりも苦労が多くなると覚悟しなければならないでしょう。もし、自分が抱えきれないなと感じるならば、昇進を断って落ち着くまで次の時期を待ってみるのも選択の1つです。若い時期には人がついて来なかったとしても、年齢を重ねるにつれて人がついて来てくれるようになることもあります。中間管理職の立場である婦長の仕事は不安や悩みが多くなりますが、その分やりがいもあるでしょう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント