ホーム » 婦長の人格と職場環境

2017年11月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

婦長の人格と職場環境

看護師として病院勤務を始めると、病院内で様々な形で組織化が進められていることに気づくことになるでしょう。特にチーム医療という考えが浸透してきていることによって、違う形の複数の組織に同時に所属して活動することも増えてきており、それぞれの組織の中での立ち位置を考えることが重要になってきています。しかし、そういった状況下にあっても最も重要視される組織は、所属している診療科の看護師組織であり、その中がどういった環境であるかというのが職場として過ごしやすいかどうかというところに直結してきます。

働きやすい職場というのは概して良い上司に恵まれている職場であり、看護師組織における上司は婦長になります。看護師が仕事に対して高いモチベーションを維持して働き続けられるかは、婦長がどんな人格を持っているかに大きく依存するのです。一人一人の看護師を尊重して、時には優しく、時には厳しく指導するような聡明で敏腕な婦長がいる場合には誰もが喜んで働きますが、自己中心的な人が上に立っていると次々に看護師が辞めていってしまう状況ができてしまいがちです。職場を決めてしまうと上司は自分で選ぶことができないため、もし嫌な上司にあたってしまった場合には率先して転職するのが良い道です。実務経験のある看護師は転職に際して困ることがないほどに需要が高いのが事実であり、望む転職先を容易に見つけることができます。より良い上司を求めて早めに転職を考えた方がより充実した職場生活を送っていけるでしょう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント